閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)

 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が「衆参同日選の可能性もあり得る」と発言したことについて「進退は首相自身が考えることであり、全く論外。閣僚が政局に言及することは控えなければならず、首相の専権事項に触れることはあり得ない」と厳しく批判した。

 仙谷氏は16日のテレビ番組の収録の際、鳩山由紀夫首相が参院選前に退陣した場合には「(衆参)ダブル選を問う可能性もある」と述べた。

【関連記事】
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
普天間移設 「勇気ない」「暗い顔…」平野氏批判相次ぐ 
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
仙谷氏同日選発言に不快感 社民・福島党首
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)
ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)
「市議は楽な商売」阿久根市長が市広報紙で(読売新聞)
[PR]
by svh7utptav | 2010-04-21 17:16
<< みどりの式典 天皇、皇后両陛下... <東北新幹線>新青森延伸12月... >>