看護師離職率、わずかに低下=研修・支援体制がカギ−協会調査(時事通信)

 2009年の看護師の離職率は常勤11.9%、新卒8.9%で、ともに前年より低下したことが23日、日本看護協会の調査で分かった。離職を防ぐには、教育研修体制や私生活との両立を支援する体制が重要であることも浮かび上がった。
 調査は、病院の看護管理者を対象に毎年実施している「需給状況調査」。昨年10月に実施し、約3500病院が回答した。
 常勤看護職員の離職率は11.9%で、前年から0.7ポイント低下。年々少しずつ上昇していたが、04年の水準に戻った。1年以内の新卒看護職員の離職率は8.9%で、0.3ポイント低下し、初めて8%台となった。
 看護部門における教育研修責任者の配置など、新卒看護師の教育体制と離職率の関連を見ると、十分整備されている病院は8.8%、一部整備されている病院は9.0〜9.4%、全くされていない病院は13.4%だった。責任者が他の業務兼任の場合と比べ、専任の方がより離職率が低かった。 

<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
<強制わいせつ>追起訴の警部懲戒免職 福岡県警(毎日新聞)
<公取委>山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い(毎日新聞)
校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く−環境省(時事通信)
[PR]
by svh7utptav | 2010-03-28 02:31
<< <不正経理>公的研究費1650... 普天間移設、複数案提示へ=徳之... >>