小林千議員の進退、自身で判断することと首相(読売新聞)

 鳩山首相は13日夕、民主党の小林千代美衆院議員が北海道教職員組合を巡る政治資金規正法違反事件で札幌地検から参考人として事情聴取を受けたことについて、「事情聴取を受けたとするなら、そこで正直に真実を述べてくれたと理解している。捜査の中で真実が明らかになる」と述べた。

 小林氏の進退に関しては「出処進退は自身が判断すべきことだ」と語った。奈良市内で記者団の質問に答えた。

局長級が定期協議=分野別「ホットライン」も−連携強化へ、日韓警察が合意(時事通信)
田中真紀子氏、首相を酷評 小沢氏は称賛(産経新聞)
<名古屋市議会>各派、議員年金制度の廃止決議へ(毎日新聞)
給与支払いで強制執行求める=市長告発も−阿久根市職員側(時事通信)
<掘り出しニュース>トマトフェスで巨大トマト鍋(毎日新聞)
[PR]
by svh7utptav | 2010-03-20 13:12
<< 伊丹廃港決議案提出へ 大阪府議... <患者骨折>カメラ設置後被害な... >>